大井 羽田盃の予想

【大井11R羽田盃】

先週末は更新できずにすいませんでした。
公私共にバタバタで…
今週も週末はどうなるかわからず。

さて、週の真ん中は時間に余裕もあるので南関クラシック第一段の羽田盃です。
いつ着けるかわからないけど、現地観戦の予定。

人気は前哨戦を制したヤマノファイトとデビューから4戦4勝のモジアナフレイバー。

ヤマノファイトは年明けのニューイヤーカップが枠に恵まれた部分を感じていたので、前走では本命にしなかった。
レースでは本命にした2番人気ワグナーコーヴの番手につけて、相手はこれしかいない!
というくらいの密着マーク。
ゴール前まで接戦となったが、最後は1馬身近く離しての勝利。
これで堂々とクラシック最有力候補に名乗りを挙げた。

一方のモジアナフレイバー。
こちらはデビューからクラシックを意識したローテ。
デビュー2戦目に1800Mを使って3馬身半勝ちはやはり並の馬じゃない。
そして、これまでのレースを見るとセンスの良さを感じる。
馬なりで前に付けれたり、鞍上の指示にスッと反応したり。
繁田騎手もクラシックを意識した馬でこの時期を迎えるのは始めてのはず。

さて、ではどちら…
となると、実は本命はどちらでもなく。

ヤマノファイトの前走は確かに横綱相撲だったけど、一頭に絞ってのマークが効を奏した形にも見えた。
もしワグナーコーヴの力が大したことなかったら、どうなっていたか。
そう考えると、力でねじ伏せるというほど、まだ絶対的ではない気がする。
モジアナフレイバーはやはり相手が上がってどうかという不安。
今までは楽な相手だっただけに、競馬自体もストレスはほとんど伴わなかった。
揉まれた経験がないのも、内めの枠を引いてどうなのか。

結論は前走に続いてワグナーコーヴ。
ヤマノファイトにきついマークを受けての逃げとなり、いつあっさり沈んでもおかしくない展開。
それを直線では交わされながらも、一旦盛り返すほどの抵抗を見せた。
今回は前走ほどの厳しい流れにはならないだろうと判断。
出来ればヤマノファイトにはモジアナフレイバーを意識してもらいたく、そうなれば逃走劇があったって良い。

◎ワグナーコーヴ
○ヤマノファイト
▲モジアナフレイバー

[PR]
by dirttime | 2018-05-09 09:40 | 南関 | Comments(0)

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31