3/4のレース予想

おはようございます。
昨日は武豊騎手が阪神で3勝2着3回。
中山では横山典騎手が2勝。
両騎手とも昨年以上のペースで勝ち星を挙げています。
「若手や外国人に負けないぞ」
言葉にしなくとも、そんな気概を感じます。


【中山10R総武ステークス】

なかなか悩ませる組み合わせ。
一見して先行馬が少ないので前残りを狙いたいけど、ドリームキラリは休み明けだし、タガノディグオは古馬に混じってから見処が少ない…

そうなると先行馬を見る形で運べる馬。
コスモカナディアンは昨年の仁川Sでの対グレイトパール、そして前走の対テイエムジンソクと強敵に食らい付いて能力の高さを見せる反面、呆気なく敗れるポカもあれタイプ。
それでもこの相手なら基本性能は上。
スムーズに中団くらいから前を追い掛ける展開が好走パターンで、そうなりそうなメンバー。

センチュリオンはズブさが増してきたような近走。
それでも(6.2.2.3)と相性の良い中山1800Mなら評価を落とせない存在。

オープンでは(0.0.0.10)。
結果出てないリーゼントロック。
ただ掲示板は4度あり、勝つかはともかく先行出来れば馬券圏内の可能性がある。

◎コスモカナディアン
○センチュリオン
▲リーゼントロック

中山8R
◎スプリットステップ

500万を勝った昨年10月の東京は2着に2馬身近い差でまだ余力が見えた。
前走は芝を使ったが、馬券に絡めなかったのは展開によるところもあり、芝が向かないことはなさそう。
どっちにしろスタートが良く、馬なりで先行集団に取り付けるレースセンスの高さが魅力。
馬体減りするタイプなので間隔あけて使うのも、むしろ好材料。

中山11R報知杯弥生賞
◎サンリヴァル

芝のレースの予想をブログでするのは今年初かも。
ホープフルSは1000M59秒台の厳しい流れを、4角先頭の積極的な競馬で4着に粘った。
その前の芙蓉Sが1000M63秒9。
全く異なる2つのレースに対応した価値は高い。
無敗馬3頭に注目集まる楽しみなレースだけど、中山2000M実績含めての一角崩しを期待して。

阪神6R
◎オメガパフューム

新馬戦は出遅れて後方からとなったものの、道中で動き出してからはゴールまでその脚が持続していた。
2馬身離した2着ハーベストムーンは先週の500万戦で3着しており、1分54秒台の時計はもちろん負かした相手にも不足なし。
スタートも2戦目で改善されれば、これは結構な大物かもしれない。

阪神8R
◎ダンサクドゥーロ

前々走は直線で前が詰まって不完全燃焼。
前走は前半の位置取りが悪く、途中から外を回って追い上げたが最後は息切れ。
それでも2戦とも馬券圏内までもう少しというところまでは来ていた。
この頭数なら位置も取れるだろうし、スムーズな競馬が出来そう。

[PR]
by dirttime | 2018-03-04 06:30 | JRA

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31