2/11のレース予想

おはようございます。
そもそもですが、こういう3日間開催って誰のためにやってるんでしょう?
移動が無駄に多くなる、騎手を始めとした関係者。
結局3日で72Rと土日の2日間開催と変わらずで、相変わらずの除外ラッシュに頭を悩ませる陣営。
開催があると思って来てみたら、ただのパークWINSだった土曜東京。(これ結構いると思うんですが)
大事な祝日開催を奪われた浦和。
誰も得してない…

【東京10Rバレンタインステークス】

ベストマッチョはデビューから全て東京を使って5戦4勝2着1回という圧倒的な成績を残した。
その戦績買われて、昨年の根岸Sではオープン初挑戦ながら2番人気に推されたほど。
当時は力負けの12着に終わり、昨夏のプロキオンSも揉まれる競馬で14着。
歯痒い時期があったのも確か。
それが1200M路線に矛先変えて、京都では致命的な出遅れ挽回して最後方から3着。
前走はコース適性がどうかと見ていたが、スムーズな競馬で待望のオープン初勝利。
内めの枠でいかに揉まれず行くかが鍵になるけど、得意コースに替われば連勝を期待したい。

7歳になったラストダンサーだけど、昨秋の東京1400Mでは追い出しがワンテンポ遅れながらも最後の伸びに見処ある3着。
衰えは感じない。
武蔵野Sは展開が向かなかったし、距離も1F長かった。
東京に絞っての使われ方で、ここは狙った1戦だろう。

前走は厳しい流れとなり大失速のレッドゲルニカ。
ムラな面が見えつつあるが力は互角。
マイペースなら巻き返しがある。

◎ベストマッチョ
○ラストダンサー
▲レッドゲルニカ

東京8R
◎ラテールプロミーズ

前走の勝ち馬は強かったが、3着には4馬身差つけた。
最近のレースを見ると前々走のように緩急の必要な中山長距離より淡々と流れる東京の方が合っている。
ここもメンバー的にそういった流れになりそうなので、素直に前走を信頼してみたい。

京都4R
◎バトルマイスター

未勝利戦は2着に5馬身差つけたものの時計は特筆して良いものではない。
ただ、東京で良く見る馬なりで逃げ馬を交わしてほぼノーステッキで…
のような勝ち方ではなく、追い出しても交わせずに、むしろエンジンが掛かるまでの遅さを露呈したようだった。
と考えると距離延長で良さが出るのではないか。
明日の東京1600Mに登録せずの関西遠征も納得。

京都12R
◎メイショウジーク

9月の阪神では休み明けながら600M34秒3という速いラップで逃げて0秒4差5着。
確かにハイペースだけど、こういう流れを自ら作る方が合う馬で、後続に速めに来られなければ更に上位もあった。
今回は同馬主のラケーテが番手に付くと考えるとプレッシャーは弱まる。
前走はスタート不利があり参考外。
気性的に久々は苦にしなそう。

[PR]
by dirttime | 2018-02-11 06:07 | JRA | Comments(0)

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28