2/4のレース予想

おはようございます。
今日はきさらぎ賞ですね。
きさらぎ賞が始まるとクラシックロードのスタートな感じがします。
もちろん競馬好きなんで3歳クラシックは気になります。
きさらぎ賞はサトノフェイバーかなと思ってますが、どうでしょう?
この枠並び見ても古川騎手に流れが来てるかなと。
今後は芝のレースなんかも予想できればと思います。

【東京10R金蹄ステークス】

3連勝中のモズアトラクション
2連勝中のナンヨープルートー
ダート4戦3勝のマイネルクラース
更に前走で現級2着のホーリーブレイズ

勢いある4歳馬が揃って楽しみなレース。
古馬も骨っぽいところで、やっぱりこういうレースはワクワクする。

これはどこから狙うか目移りしてしまうけどナンヨープルートー。
2走前の福島はローカルの辛勝というものだったけど、前走はなかなか強い勝ち方。
向正面で一気に11番手から捲って先頭へ。
そうなると終いが甘くなってしまうものだけど、内でじっくり脚を矯めてた1番人気馬に迫られて再度突き放した。
ちなみに、その2着アスターゴールドは次走でしっかり勝利。
父ディープインパクトのイメージではなく、スタミナとパワー型。
2100Mは合いそうだし元来が左回り巧者。
東京は芝ながら重賞2着ウインガナドルのクビ差2着なんかもある。

モズアトラクションは未勝利の身でいきなり1000万に挑戦して4着という、訳のわからない初ダートが印象深い。
そこからすると、この3連勝は見えていたもの。
それまでは4角でややもたつくこともあったが、前走はそれも改善されてスムーズに上がって行けた。
あのレースが出来ればオープンでも面白そう。

マイネルクラースとホーリーブレイズの前走は相手に恵まれたかな?
というところ。
でもマイネルクラースなんかはもう少し手薄な組み合わせなら主役候補にもなる馬。

古馬からロードシャリオ。
前走は1000M60秒2のハイペースを離れた番手から粘り込み。
確かに大逃げ打った逃げ馬が作ったペースではあるものの、展開向いた勝ち馬より評価。
今回も同じように先行できれば。

◎ナンヨープルートー
○モズアトラクション
▲ロードシャリオ

【京都10R河原町ステークス】

やはり10頭立てという少頭数が鍵を握るレースとなりそう。
しかし、いよいよ関西準オープンは中距離だけでなく短距離も頭数が揃わなくなってきた…

アディラートはどうしてしまったんだろう。
12月の阪神で格の違う勝ち方をしてきたはずなのに、ここ2戦は急にスタートが悪くなってしまった。
馬の気力の問題なのか?
でも前走は最後方から最速上がり。
勝ち負けには程遠かったけれど、能力の一端は示してくれた。
きっと走れるはず。
もちろん普通にスタート切るのに越したことはないけど、少しの遅れなら挽回できるのがこの頭数。
素質を信じて狙う。

ペプチドウォヘッドは1600万7戦して5着1回が最高着順。
それでもここ4戦中3戦で最速上がりを駆使している。
いずれも14頭以上のレース。
この頭数なら一気に突き抜けても。

エポックは好凡走が一戦ごとで安定感と信頼性に欠けるが、前走で1400M適性示したのも確か。

◎アディラート
○ペプチドウォヘッド
▲エポック

東京8R
◎メイショウグジョウ

東京とは相性が良く、500万勝ちは2馬身半差。
1000万の2戦も3着と、7着ながら2着に0秒2差。
いずれも高いレベルの走りで、いかにもここは狙った感。
問題はその3戦全て1400Mで今回は1300M。
脚を余す可能性も考えたけど、そこそこ流れそうな組み合わせなので。

京都8R
◎ディープオーパス

前走は特別にスローという訳ではなかったが向正面からハナを奪う形。
そのまま離して逃げて、もう3角では押して押しての格好だったが、直線半ばまで粘って見せ場のある走り。
昨夏の好走時はそんなに強さを感じなかったが、馬体も増やし成長を感じる。
距離が短縮されるのもプラス。

[PR]
by dirttime | 2018-02-04 06:38 | JRA

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31