11/26のレース予想

【京都11Rオータムリーフステークス】

ベストマッチョが去勢しての休み明けを京都1200Mからスタート。
キャリア11戦目にしてして初の右回りで初の1200M。
これはどうだろうか。
能力だけなら重賞クラスも、なかなか結果が出なかったことで去勢したはずだが、それでもこの条件は期待しづらい。
今回は軽視。

ならば同じく56キロのコウエイエンブレム。
正直、休み前は使いすぎたろうというローテ。
今年に入って6月までに7戦…
オープンの実力馬に対しては酷すぎる。
徐々にパフォーマンス落としたのも納得できる。
案の定、プロキオンSも交流重賞も使えず。
この次はカペラSだろうか?
オープンでは57.5キロとかでも好走していた馬。
休み明けでも56キロなら狙いたい。

もう、いつでも展開一つでオープンを勝てるニットウスバル。
前走はいつもより前に位置を取りながら、それでも終いの伸びもしっかり。
京都(1.1.1.0)
遠征もお手のもの。

長期休養明け2戦目で変わり身見せたエイシンローリン。
特に同型逃げ馬も見当たらなければマイペースに持ち込める。

◎コウエイエンブレム
○ニットウスバル
▲エイシンローリン

東京9Rシャングリラ賞
◎タイセイエクレール

寒い時期が得意な馬で馬券に絡んだ9戦は全て10月~4月でのもの。
減っていた馬体も前走で戻し、その前走は馬場も悪く前が止まらない展開を最速上がりで2着。
アルーアキャロルの1400Mが本望でないとすれば逆転の余地がある。

京都7R
◎ダノンチャンス

初ダートだった8月のレースが逃げて突き放して、最後までその差が詰まらない…とほぼ完璧な内容。
時計も1000万レベル。
2走目は出遅れた訳ではないが鞍上が無理に前に付けなかったら、結局脚は伸ばせなかった。
やはりこの馬は押してでも位置を取りに行った方が良く、3歳の好素材が揃ったレースでも能力は上という評価。

京都8R
◎スズカロング

札幌で勝ち上がった前走が2着に5馬身差。
相手に恵まれたかと言うとそうでもなく、2~3着馬はその後にも馬券に絡んでいる。
2分33秒8という時計も優秀なもの。
もっと距離がほしいような気もするが、剛腕吉原騎手というのも狙いたい根拠の一つになる。
[PR]
by dirttime | 2017-11-26 07:00 | JRA | Comments(0)

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31