11/20のレース予想

おはようございます。
昨日は2レース予想して、ブービーと最下位。
参考にされた方、見せ場すら作れずに申し訳ありませんでした。
今日はオープンレースが2本。
福島では、あの馬が久々に登場!

【東京11R霜月ステークス】

1番人気はタールタンだろう。
今年の根岸S2着馬。
前走も半年振りを3着と好発進。
東京1400Mの実績に文句なし。
その前走よりもハンデが軽くなるなら、諸々の条件は前走以上。
メンバーも今回の方が楽な気もする。
人気通りに本命にするしかないか。

その他、穴っぽいところで気になる馬が2頭。

ピンポンは6月の東京で横山騎手と初タッグを組んでクビ差2着。
あのレースはロスなく内を突いた好騎乗ではあったが、今回もハンデは手頃。

サノイチは内田騎手と好相性。
ここ最近の3勝は全て内田騎手。
3戦振りのコンビ復活に期待してしまう。

ベテラン二人は怖いものの、それでもタールタン以上の評価までは行けず。

◎タールタン
○ピンポン
▲サノイチ

【福島11R福島民友カップ】

馬柱見て狙いたくなるのはリッカルドやモズライジン。
どちらも安定した成績が光る。
でも、重賞をせっかく勝ったリッカルドにとって、このレース選択は弱気に見える。
斤量も当然増えるし。
モズライジンにしても、そもそも小回り向きではないし、鞍上も乗り慣れた中谷騎手でも、トップジョッキーでもない。
丸田騎手は好きなんだけど。

もう、ここはアジアエクスプレスの復活が見たい。
何せ1年3ヶ月振り。
普通に回ってくるだけでも御の字かもしれないけど、ヤングマンパワーと併せた追い切りは悪くなかったんでは?
ほぼ願いに近い予想だけど、もう一回輝いてほしい。

◎アジアエクスプレス
○リッカルド
▲モズライジン

【京都11Rマイルチャンピオンシップ】

馬柱を見て初めて知った。
フィエロに重賞勝ちがないことを。
これは当たり前の話なのかもしれないが、ダート中心に見てる自分にとっては驚き。
しかも前走はスタートで遅れてしまって、ほぼ力を出せず。
それでも、もう一回戸崎騎手。
期するものがないはずない。
7歳馬を送り出す陣営もラストチャンスと位置付けているはず。
先週はデムーロで的中したけど、今回は日本人騎手にエール。

相手は、前哨戦の結果を考慮。
スワンSからは他より1キロ重いながらも、1馬身以上と、しっかりとした差をつけたサトノアラジン。
富士Sは勝ったヤングマンパワーではなく、こちらも1キロ重いながらも0秒1差だったイスラボニータ。

まあフィエロはその2頭より、今年の安田記念で先着しているんだけど。

◎フィエロ
○サトノアラジン
▲イスラボニータ

【その他のレース】

東京8R
◎デピュティプライム

5月の東京の2戦が好内容だった馬。
6月の1000万戦は調子今一つだったのか、スタートから全く前向きさがなかった。
徐々に馬体が減っていたのも気にはなった。
ベストコースで相性の良い鞍上。
休ませて回復していれば、いきなりから走るかも。

東京10R錦秋ステークス
◎クイーンズサターン

魅力ある組み合わせ。
中でも前走は久々で出遅れながらも、ゴール前で強襲したクイーンズサターン。
出遅れがなければもっと差をつけれていた。
春はスタートに問題なかったので一過性のもの。
1600万戦になるが、ユニコーンS5着の実績からクラス通用は十分。

京都8R
◎ニホンピロヘーゼル

ピットボスが圧倒的人気を背負っての最内。
包まれて…を危惧。
ニホンピロヘーゼルは最近3戦で負けたのはレッドディオーサのみ。
あの馬は牝馬世代トップの実力。
前走は牡馬相手にも通用のクリノリトミシュルに2馬身半の差をつけた。
久々の牡馬混合でも買える根拠の1つ。

京都12R西陣ステークス
◎サンライズネオ

なんか前が速くなりそうなメンバー。
ハンデ戦だし、ゴール前は差し馬の強襲を考える。
着順はともかく終いは確実なサンライズネオ。
1600万は5戦中4戦が0秒5差以内。
久々に相性の良い岩田騎手とコンビなら大掛けあって良い。
[PR]
by dirttime | 2016-11-20 06:22 | JRA | Comments(0)

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31