11/13のレース予想

【京都12Rドンカスターカップ】

下記に記載の9Rもこのレースも珍しく、ルメールとデムーロ両騎手は騎乗せず。
ならば日本人騎手に期待したいところだが…

悩んだ2頭はいずれも外国人ジョッキーの騎乗。

関西に転厩していたイーデンホール。
前走は休み明けのためか、道中は鞍上が手綱を引くほど掛かっていたが、あれで直線弾けるのにはびっくり。
元々3歳の時にオープン2着の実績馬。
常識に掛かれば、もっとパフォーマンスは上がるはず。

コウエイエンブレムは中1週での東京遠征こそ崩れたが、それ以外の安定感は素晴らしいの一言。
休み明けの前走も追い込み馬の決め手にはやられたけど、いつも通りの走り。
反面、勝ち切れないという弱みは確かにあるけど、そこに鞍上ライアンムーア。
これは楽しみ。

イーデンホールの方が強いんじゃないか。
でもバルザローナって、詳しく知らないが芝のイメージしかない。
やっぱりムーアに期待。

1400Mのみ使い続けて21戦目。
この堅実さには頭が下がるラインシュナイダーに武豊騎手。
もちろん怖い一頭。

◎コウエイエンブレム
○イーデンホール
▲ラインシュナイダー

【京都11Rエリザベス女王杯】

マリアライトは牡馬相手にも通用する実力馬。
別に馬場が湿ってなかろうとそこは問題ではない。
ただ堂々1番人気を背負って勝つイメージがない。
成績的にもそうだし、兄弟見ても伏兵に近い仕事をしている。

クイーンズリングは休み明けの1800Mを快勝。
マイラーみたいな成績だけど、昨年の秋華賞2近い。
エリザベス女王杯もデムーロ騎手継続騎乗なら、あんな結果ではなかったかも。
ローテもまさに王道だし。

ローテに不安なのはミッキークイーン。
春が最高の流れを作ったのに対して、ぶっつけ感は否めず。

シュンドルボンの府中牝馬Sは叩き台の仕上げ。
ルージュバックとタイム差なしで勝った中山牝馬Sは斤量で2キロ有利だったが、今年のメンバーならあれだけ走って馬券圏内。

◎クイーンズリング
○マリアライト
▲シュンドルボン

【その他のレース】
京都9R
◎テイエムテツジン

直線までの手応えは良いんだけど追ってから伸びないイメージがあった馬。
それが前走は前にいた馬を直線であっという間に、抜き去って3馬身差の完勝。
9ヶ月振りを叩かれながら調子を上げてきたのか、人気薄のフロックては思えない走り。
好調期に突入なら昇級戦でも狙って面白い存在に。

東京12R
◎ラジオデイズ

正直、前走は1番人気になってて格好のカモだと思ってた。
何せ1年振りでデビュー以来の初距離。
さすがに厳しい条件だったが、あっさりと0秒3差勝ち。
人気馬の不発に恵まれた面があったにしろ驚いた。
昇級だけど、この馬も前走以上の状態で走ると思うので。
[PR]
by dirttime | 2016-11-13 06:58 | JRA

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30