5/8のレース予想

【東京10Rブリリアントステークス】

アポロケンタッキーは本当に強くなった。
ダートに転向した頃から見ているけど、ここまでになるとは。
パワーとスタミナを兼ね揃える馬。
東京2100Mは格好の舞台。

だけども本命はドコフクカゼ。
この馬も東京2100Mは大得意で、この条件で3連勝中。
仁川Sはアポロケンタッキーに2馬身半離される完敗だったけれど、出遅れてしまったし、2キロあった斤量が今回は同斤。
五分に出れば勝負付けはまだ済んでいない。

◎ドコフクカゼ

【東京11RNHKマイルカップ】

今年に入っての牡牝混合3歳マイル重賞はシンザン記念、アーリントンC、ニュージーランドT。
その3レースに皆勤賞したのがレインボーライン。
この馬の着順や着差を考えると、3レースともに展開や枠順次第で大きく入れ替わりそうなほど、能力差がないメンバーだった可能性が高い。
どちらかというと、どんぐりの背比べ。
別路線を戦ってきた馬の方が強く感じてしまう。

候補はメジャーエンブレム、ロードクエスト、イモータル。
メジャーエンブレムに関しては桜花賞が能力と思えず巻き返したいところ。
枠も良いし逃げるだろう。
ただ、ここ5年で逃げ馬が2勝。
今年も逃げ馬が勝つ…
ってちょっと想像できない。

ロードクエストの新潟2歳Sはぽっかり空いた内を突いて、いつのまにか先頭に立っていたレース。
そこから突き放した脚は見事ではあるものの、数字ほどのインパクトは?

イモータルのサウジアラビアRCはハナ差負けながら、勝ち馬は当時キャリア5戦目、こちらはデビュー2戦目で経験の差。
朝日杯は仕上がりにかなり疑問あったし、共同通信杯で敗れたのは後の皐月賞馬。
クラシックはさすがに相手も強いけど、ここならGⅠ馬になれるチャンス。

◎イモータル

【その他のレース】

東京5Rドラゴンシュバリエ

メンバー見渡すと一見して逃げそうなのが、この馬くらい。
スタートからのスピードに長けているので、無理をしなくてもハナを切れている。
昇級、遠征、一周競馬と課題は多いけど、今回は展開の有利さが明白。

東京12Rオニノシタブル

後方一気しか出来なかった馬がFベリー騎手に替わって番手から進めて勝った前々走は驚いた。
前走もコーナー通過順こそ10番手以降だけど、前との差はあまりなくレースの流れに乗れていた。
1600Mの芝スタートが苦手だったのか…
いずれにせよ前走はフロックでなく、今回も中団からレースできそう。

京都5Rエキドナ

前走は前残りの流れを粘れずに3着。
正直、物足りない結果で高い評価はしていなかった。
だけど、この組み合わせならさすがに。
叩き2戦目なら、上積みもあるだろうし。
モルゲンロートは前走の時計が平凡で。

京都10Rメイショウヒコボシ

久々の一周競馬となった前走は1番人気をマークしながら抜け出すと3馬身差の快勝。
1年前に同じ福島1700Mを勝っているけど、当時より時計も短縮してるし直線での伸び脚が大幅パワーアップ。
昇級でも、やや低調なメンバーなら通用しそうな雰囲気がある。

京都12Rアドマイヤシェル

休み明けの前走は好位追走からバテずに3着確保。
上位2頭が強く離されたものの、この馬も稍重~良の持ち時計を縮めるパフォーマンス。
デビューから13戦、一貫して1400Mを使い続ける徹底路線。
これだけ間隔を詰めて使えるのは一昨年以来なら、当然上がり目を期待。

新潟10Rサハラファイター

人気薄の好走が続いているけど、どちらも勝ち馬に次ぐ上がりをマーク。
ハイレベルの中で掲示板に載った2走前と、3着に3馬身半つけた前走。
中身もなかなか優秀。
一枚落ちのローカルなら。

新潟12Rツインキャンドル

成績通りにムラがあるのは逃げ馬の宿命。
なので今回だって惨敗する可能性も拭えない。
それでも坂のある中山から平坦新潟に替わるのはプラス。
ローカル回りが多いメンバーに入れば実績も上位。
[PR]
by dirttime | 2016-05-08 05:13 | JRA | Comments(0)

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31