4/3のレース予想

大阪杯は豪華すぎて絞れず。
気になるのは岩田騎手が「生涯最高の出来」と語るヌーヴォレコルトとマイラーじゃないかと思うアンビシャス。
岩田騎手のヌーヴォレコルト評と自分のアンビシャス評の勝負!

【中山10R伏竜ステークス】

ヒヤシンスSは6着と7着の間に6馬身。
ここが能力の分かれ目の着順。
6着以内の馬は展開やメンバー次第でオープンを勝つ可能性を感じた。
今回、ヒヤシンスS6着以内から3頭が出走。
どの馬にしようかと考えるべきだけど…

そのヒヤシンスSよりも魅力ある馬が登場。
前走の時計が遅いのは1000M通過が64秒8と新馬戦並みのスローだったから。
実際、逃げた馬と番手の馬が2~3着に残る展開。
それをほぼ直線だけで3馬身半差の快勝は、かなりのポテンシャルを感じた。
ペースが速くなった時にどうか?
と不安もあるけど、後々まで楽しみな馬なので何なく突破してもらいたい。

◎グレンツェント

【その他のレース】

中山12Rアキノアッパー

前走は先行した5頭がそのまま掲示板に残る展開。
最速2位タイの上がりで差してきたアキノアッパーにはペースが向かなかったものの、2着とは0秒2差。
一旦崩したリズムも再び上昇しそうな雰囲気。
3F34秒台の通常のペースで流れてくれれば。

阪神5Rクリノリトミシュル

人気のレッドウィズダムに先着したり、ステイチューンとハナ差の実績あり。
本当はもう少し頭数が少ない方が良いんだけど、上記の人気馬もレッドウィズダムは決め手がないし、乗り難しいステイチューンは乗り替わりだし。
実績通りに人気薄で穴を開けるタイプ。

阪神9Rハラペーニョペパー

昨年、このクラスで安定してたキングスガードは形だけの昇級でトップハンデも納得。
ただ、勝ちきれなかったのはいずれも前にいる馬を交わせなかったため。
それに該当するのがハラペーニョペパー。
休み明けの2走前から調教の動き含めて、大きな成長を見せてる馬。
この距離にしては同型も少ないので、展開向くのもこちらかも。

阪神12Rメモリーレーン

後ろを離して逃げる形を確立。
前走の4格で後続を引き離さした脚は逃げ馬にして、もう1つギアを隠し持ってるとも感じた。
おそらくフライングニンバスより、こちらの方が押してでもハナに行くはず。
相手が後ろを意識してマークが緩めば…
[PR]
by dirttime | 2016-04-03 07:31 | JRA

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30