2016フェブラリーSを枠順発表前に展望してみる

さて。
せっかくダートをメインに予想しているブログです。
フェブラリーSやチャンピオンズCの週くらい、特別なことやらなきゃ!
ということでレース展望、考えてみました。

↓↓↓

3連覇狙うコパノリッキーにとっては、今回、チャンピオンズCに続いて同型多し。
特にコーリンベリーやスーサンジョイは短距離でも先手を奪えるほどのダッシュ力。
テンの速さでは負けそうなリッキーはおそらくハナ切れないはず。
しかし鞍上もそれは分かってる。
ハナ切れないのか切らないのか…
これは大きな違い。
陣営の希望は2~3番手でも揉まれない外枠だろう。
掛からないようにメンコを付けるという話からも尚更、馬群の中での競馬は考えていないはず。
内枠なら…厳しいレースとなりそう。

仮にその通りになったとしてペースが読めない。
どれかが一発狙って飛ばしていく可能性もあるし、ハナ候補2頭が距離を意識して緩い流れを作ることも考えられる。
どっちにしろ先行勢ならコパノリッキーが潰れたら、他の同型が勝つことは考えにくい。

次の隊列にいるのはモーニン、タガノトネール、アスカノロマンといったところ。
モーニンの成長力がタガノトネールの実力を追い抜いたかに見えた前走だったが、このキャリアの浅さは諸刃の矢。
GⅠ馬になるためにはまだ経験を積む必要があるのかも。
揉まれた際やGⅠ特有のペースに、どう対応できるか未知。
タガノトネールやアスカノロマンは馬券圏内はあっても府中マイルでGⅠを勝つイメージが浮かばない。

その後ろにはベストウォーリアとホワイトフーガ、グレープブランデーが控える。
位置としてはこのくらいのところがペース関係なく力を出せるはず。
ベストウォーリアは久々となるので力を出しきれるかが鍵。
以前の揉まれ弱さはなくなったので内めの枠が欲しいか。
いずれにせよ59キロで2着以下を離したプロキオンSは強かった。
ホワイトフーガは確かにサンビスタを負かしている実績はあるが、そもそもサンビスタのチャンピオンズCはキャリア最高のパフォーマンスを出した大駆け。
対戦比較から図れるものではないが、何処まで通用するか楽しみ。
グレープブランデーは3年前のフェブラリーSから勝利なく…

そしてほぼ最後方にいるのがノンコノユメ。
この馬の破壊力は凄い。
馬体からは強さを感じないが、どんなペースであろうとゴール目掛けて追い込んでくる。
ダート界では異質の存在感。
チャンピオンズCはまだ挑戦者の身で、詰まる危険がありながらも内を突いた。
今回はおそらく1番人気。
普通に考えれば外を回すことになるのだろうか。

最後に、乗り替わりとなるベテランジョッキーがどうエスコートするか興味のあるローマンレジェンドとロワジャルダン。
どちらも大舞台で着狙いのような乗り方はしてこないはず。
何となくローマンレジェンドは前、ロワジャルダンは後ろにいる気がするが。
伏兵の域を出ない2頭だけど、一か八かの勝負なら嵌まれば頭までもあるのでは。

↑↑↑

と、想像してみましたが。
実は8割方、本命は決まってます。
バレちゃってますかね?
まあ、最後は枠順が決まってからですが…
日曜の予想楽しみにして頂ければ!
[PR]
Commented by mizuha0407 at 2016-02-18 12:57 x
他人の予想を見る競馬も好きなのでこっそりとコメントさせていただきます。
主の本命はベストウォーリアだと予想してみます。一番展開がはまりそうな感じですし。
ホワイトフーガも面白そうですが、頭ならそっちかなと。
また、ペースが緩む場合、石坂センセが割り切ってモーニンを行かせることを考えてたりするかもと思ってます。
私は世代交代も期待して本命モーニンなのですが、その展開でも石坂馬場丼狙えるかなーと。
ただ、馬場が軽めになっていれば少し予想もかわります(冬のダートは雨と凍結防止剤が要チェックですので……)
怖いのはコーリンベリーが今度こそ思い切って逃げ打ってきた場合と、ノンコがイン突きしてきたときでしょうか。

by dirttime | 2016-02-18 06:19 | 予想以外の話 | Comments(1)

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31