1/31のレース予想

今日は根岸ステークス。
フェブラリーSの前哨戦ですが、なんか本番と直結しないレース。
最近の勝ち馬見ると1400Mならでは、というタイプ揃い。
予想もそんな感じで上げています。

【東京11R根岸ステークス】

過去4年連続して勝ち馬は4角10番手以下から追い込んでおり、今年もシゲルカガが飛ばすと例年通りの決着になるかも。

人気のモーニンとタガノトネールは好位からの安定感が売りだが、速いペースとお互いが意識するあまりの早仕掛けの可能性考えるとどうだろう。
そもそも人気は集めているけど、どちらも中央での重賞勝ちはない。

前走は他馬と接触する不利がありながら最速上がりで追い込んだアンズチャン。
中山1200Mはやっぱり短いし、全10連対が府中1400Mというコース巧者。
追い込み一手だからこそ、この鞍上が合う。
先程の2頭がゴール前で一杯になったところを強襲してくるイメージ。
次のフェブラリーSでは勝負にならないが、絶好のこの条件なら。

◎アンズチャン

東京8Rトーセンマイティ

比較的、差し馬の多い組み合わせ。
脚質的に前で競馬できる、この馬には流れが向きそう。
速い時計に課題はあるが、昨日の500万戦が重馬場で1分24秒5。
馬場も回復してくるはずで標準くらいの時計なら対応できる。

京都6Rメイショウマスラオ

新馬戦は4着だが直線で前が狭くなり手綱を引く不利があった。
あれがなければ2着はあった内容なので次走の勝ち上がりも当然。
スーパーライナーも強いが、こちらの方がスケール感は上に感じる。
相手をマークする位置取り取れれば。

中京3Rメイショウクローバ

前走は番手から進めて行き、逃げ馬に離されそうになったがそこから盛り返して2着。
交わした逃げ馬は先週の京都で勝ち上がり。
この頭数とメンバーならハナに行けるはず。
渋い脚使っての逃げ込み期待。

中京6Rタマモイレブン

イマイチ適距離を掴みかねてる使われ方だけど、唯一の勝ち星は1200M戦。
早々バテた1700M戦見る限り、やはり短距離馬なはず。
休み明けの前走は難なく好位につけて勝ち馬にクビ差まで迫った。
上位にはクラス突破出来そうな馬が揃っていたのでレースレベルも確か。

中京10Rメイショウカネサダ

アポロテキサスと素質は五分かもしれかいが、あちらは久々だし新馬戦を見る限り粗削りな面も。
スタート良く、追われてからの伸びも良かったこちらを狙いたい。
負かした2~3着馬も既に勝ち上がりと相手関係も悪くなかった。
[PR]
by dirttime | 2016-01-31 07:03 | JRA

JRA・交流・地方問わずダートレース中心に単複予想を披露していきます。某スポーツ系ブログから引っ越してきました。


by dirttime
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31